Yuichibow’s diary

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊日記(5月26日)

米国内の旅客航空会社に勤める、裕坊といいます。

f:id:Yuichibow:20220527181701j:image

 

2006年の入社以来、16年に渡って勤め上げた地域航空会社での生活。いよいよ終わりが近づいてきました。

f:id:Yuichibow:20220527170305j:image
f:id:Yuichibow:20220527170623j:image

自分の手足のようになり、生活の一部になっていた感覚すらあったリージョナルジェット機。

 

機長に昇格してからちょうど10年……

f:id:Yuichibow:20220527170619j:image
f:id:Yuichibow:20220527170626j:image
何事にも終わりって、必ず来るんやなぁ〜…会社在籍中は想像すらしたことがなく、未だに実感は湧かず、思いがけず本当にあっという間でした。

 

親会社であるデルタ航空へと転籍後の担当機種。

f:id:Yuichibow:20220527155624j:image

ボーイング717型機に決まりました。見た目は、リージョナルジェット機とあまり変わりません。

 

かつてノースウエスト航空の主力機としても使われていた、ダグラスDC-9や、
f:id:Yuichibow:20220527155630j:image

デルタ航空の主力機として活躍したマクドネル・ダグラスMD-90シリーズとほぼ同型機。
f:id:Yuichibow:20220527155626j:image
エンジンが機体後方に据えられているのも、リージョナルジェット機と同じ…

操縦室内は刷新されてボーイングの計器技術が盛り込まれているので、ボーイングの環名が付けられています。

f:id:Yuichibow:20220527160321j:image

気分としては機種移行訓練に入るような感じ。デルタ航空の本社があるアトランタでの研修開始はもうすぐ…勉強も始めました。

 

ただ一度アトランタへと行った後は、研修中は缶詰のようになってしまうかも知れん…

f:id:Yuichibow:20220527170925j:image

ということで退社前に、家族旅行へと出かけることに決めました。

 

愛妻ちゃんの希望で、向かったのはボストン。

f:id:Yuichibow:20220527171126j:image

旅行客の出足が半端ないここ最近のアメリカ。スタンバイで乗るには座席に空きが必要なのですが、

 

直行便に空席などないので、リージョナルジェット機を使って…
f:id:Yuichibow:20220527171220j:image

 

バージニア州リッチモンド経由で、
f:id:Yuichibow:20220527171257j:image

ボストン到着…

 

各ターミナルから、無料のシャトルバスで地下鉄駅へと向かうことができます。

f:id:Yuichibow:20220527171353j:image

 

別名Tとも呼ばれるボストン市内の地下鉄。
f:id:Yuichibow:20220527171430j:image

 

空港からダウンタウンへと向かうには、改札口から反対側のホームへと渡って乗車。
f:id:Yuichibow:20220527171510j:image

 

宿泊したのは、ボストン湾に面した高級ホテル…
f:id:Yuichibow:20220527171606j:image

フライトに乗れるか確証がない中でボストン到着直後に予約……残り少ない選択肢の中からの選択でしたので……

 

お値段…

f:id:Yuichibow:20220527164537j:image

裕坊が生涯の中で支払った中で、最高額の宿泊でございました…

 

せっかくの時間を無駄にしたくない…

f:id:Yuichibow:20220527173557j:image

部屋で荷物を解く間もなく、各名所を回れるフリーダムトレイル(赤い刻印が道に刻まれています)を目指します。

 

ホテルから一番近くの名所、ファニュエルホール。
f:id:Yuichibow:20220527173219j:image

そこからひたすら南下。

 

旧ボストン市公庁舎。
f:id:Yuichibow:20220527173201j:image

 

現在はステーキハウスになっていて、お食事を取ることができます。

f:id:Yuichibow:20220527173346j:image

 

クラシックなホテルのオムニ・パーカーズ。

f:id:Yuichibow:20220527174248j:image

 

南の終点は、ボストン市民の憩いの場、ボストンコモン。
f:id:Yuichibow:20220527173233j:image
f:id:Yuichibow:20220527173453j:image

 

他にもオールドステートハウス(Old State House)や、
f:id:Yuichibow:20220527173257j:image

 

ちなみに現在、この煉瓦建ての建物は、
f:id:Yuichibow:20220527173318j:image

 

地下鉄駅の一部としても使用されています。
f:id:Yuichibow:20220527173457j:image

 

フリーダムトレイル沿いからは外れますが、
f:id:Yuichibow:20220527173359j:image

f:id:Yuichibow:20220527173324j:image

ボストン茶会事件の舞台となった、茶会事件船と博物館にもやってきておりました。

 

限られた時間内で名所を目指すなら、裕坊的にオススメなのがこちら。
f:id:Yuichibow:20220527174855j:image

f:id:Yuichibow:20220527174846j:image

クインシーマーケット(Quincy Market)。

 

シーフードをそのままで食べたいなら、レストランよりオススメかも。
f:id:Yuichibow:20220527173435j:image
f:id:Yuichibow:20220527173533j:image

 

ロブスターサンドイッチなども買えます。
f:id:Yuichibow:20220527173537j:image

ちなみにお値段36ドル也……でもオススメ。

 

クラムチャウダーも気軽に買えます。
f:id:Yuichibow:20220527173108j:image

 

でもボストンへ来たからには、レストランでも食事はせんと…
f:id:Yuichibow:20220527173337j:image

f:id:Yuichibow:20220527175321j:image

当日の夕食…

 

さすが高級レストランだけあって、味は超一流でございました。
f:id:Yuichibow:20220527173236j:image
f:id:Yuichibow:20220527173152j:image

お値段も超一流でございました…

 

翌日は朝から雲一つない快晴のお天気。
f:id:Yuichibow:20220527173012j:image

 

ボストン湾沿いを少しばかり歩いてみたものの、
f:id:Yuichibow:20220527173224j:image

 

当日の目的地たるや、ボストン湾から伸びる川の北側で…
f:id:Yuichibow:20220527173307j:image

住宅地では路面電車になるグリーンラインと呼ばれる電車に乗り込み、

 

バスを乗り継いで、ボストンからやや北のケンブリッジ市を目指しておりました。
f:id:Yuichibow:20220527173024j:image

 

着いたのはこちら…
f:id:Yuichibow:20220527175915j:image

 

マサチューセッツ工科大学
f:id:Yuichibow:20220527173431j:image

通称MIT(Massachusetts Institute of Technology)。

 

せっかくここまで来たんやから、中にも入ってみよう…
f:id:Yuichibow:20220527173015j:image

 

中に入ると正面入り口付近は、さすがに厳かな雰囲気を保っておりました。
f:id:Yuichibow:20220527173027j:image
f:id:Yuichibow:20220527173229j:image

 

ところが各教室へと向かってみると……
f:id:Yuichibow:20220527173553j:image

 

さすがに研究目的の教室が並んでいるとあって、
f:id:Yuichibow:20220527173303j:image

一切の無駄が省かれている印象…

 

新旧が入り混じっているのも印象的でした。
f:id:Yuichibow:20220527180214j:image

 

改装工事も進んでいて、新しくなった箇所は天井も高くて日差しがたくさん入り込み、
f:id:Yuichibow:20220527173328j:image

とても明るい印象。

各教室を回ってみると、様々な研究内容の展示などもあります。
f:id:Yuichibow:20220527173427j:image

 

物質科学の教室ではトヨタ自動車の名前もあり、共同研究も進んでいる印象を受けました。
f:id:Yuichibow:20220527173423j:image

 

様々な工具が所狭しと並んだ研究室。
f:id:Yuichibow:20220527173418j:image
f:id:Yuichibow:20220527173449j:image

 

その中でたまたま居合わせた教授が、教室内を案内してくれる大サービスもあり、
f:id:Yuichibow:20220527173310j:image

 

ちなみにこちらは、電気系の研究をしている教室…
f:id:Yuichibow:20220527173214j:image

教授ご自慢の装置は、木目調の箱に入ったレーザーハープ。画面をタッチすると、綺麗なハープの音を奏でておりました。

 

夕方3時になったところで、時間切れ…
f:id:Yuichibow:20220527173056j:image

f:id:Yuichibow:20220527175915j:image

帰りのフライトのスタンバイ用の空席はほとんどなくなっていたものの、何とか『デトロイト付近』まで帰れることを期待しながら…

 

バスに乗り込み…
f:id:Yuichibow:20220527173042j:image

 

グリーンラインと、
f:id:Yuichibow:20220527173614j:image

 

ブルーラインを乗り継ぎ、空港まで戻ってきました。
f:id:Yuichibow:20220527173038j:image

結果は…

 

やっぱり乗れなかった…欠航便が相次いだこともあり、どの便にも空きはなく…

f:id:Yuichibow:20220527173440j:image

夜のボストンの街へと、戻ってきておりました。

 

前日見ていたオムニ・パーカーズ・ホテル…

f:id:Yuichibow:20220527180906j:image


クラシックな装いの建物をそのまま残した重厚な造り。
f:id:Yuichibow:20220527173047j:image

 

エレベーターにもこだわりの装飾…
f:id:Yuichibow:20220527173148j:image

 

ここで一夜を明かし…
f:id:Yuichibow:20220527173546j:image

 

翌日、フリーダムトレイルを少し北へと上がって、
f:id:Yuichibow:20220527173334j:image

 

先日訪れていたオールドステートハウスの駅舎から、
f:id:Yuichibow:20220527173355j:image
f:id:Yuichibow:20220527173602j:image

 

ブルーライン乗車。
f:id:Yuichibow:20220527173314j:image

 

そして帰宅当日は、デルタ航空便の発着がないBターミナルへとやってきておりました。
f:id:Yuichibow:20220527173405j:image

f:id:Yuichibow:20220527192527j:image

 

お世話になったのは、愛妻ちゃんと息子くんにとって初体験となるスピリット航空
f:id:Yuichibow:20220527173253j:image

 

翌日もスタンバイ用の空席がゼロだったとあって、正規の航空券を購入しての帰宅でした。
f:id:Yuichibow:20220527173240j:image

 

途中サウスカロライナ州のマートルビーチを経由して、
f:id:Yuichibow:20220527173444j:image

 

デトロイトエバンズターミナルへと到着…
f:id:Yuichibow:20220527173137j:image

 

ここからデルタ航空が使用しているマクナマラターミナルへ、シャトルバスで向かいます。
f:id:Yuichibow:20220527173112j:image

 

マクナマラターミナル到着…
f:id:Yuichibow:20220527173008j:image

とんだハプニングを伴った、3日間の旅行でございました…

f:id:Yuichibow:20220527181458j:image

 

 

 

 

 

そしていよいよ始まる、親会社デルタ航空での研修。来週末にアトランタへ向けて出発の予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裕坊日記(5月16日)

アメリカの航空会社に勤める、裕坊といいます。

f:id:Yuichibow:20220517190643j:image

 

米系大手航空会社の下請け先である地域航空会社に、今月5月末まで所属する裕坊。長らく乗ってきたCRJ−900型機は76名仕様で、今月末までであれば、まだ乗務できます。

f:id:Yuichibow:20220517151139j:image

親会社である航空会社への転籍告知を受け、手続きをバタバタ…

 

必要書類を次々に送付しました。

f:id:Yuichibow:20220517153746j:image

パイロットライセンスのコピーに、航空身体検査合格証のコピー、パスポートや米国永住者証のコピーなどまで次々に送付…

 

 

やれやれと思ったのも束の間…

 

 

薬物検査に黄熱病ワクチン接種までもが、必要事項になっていて、
f:id:Yuichibow:20220517153905j:image

薬物検査に至っては、告知からわずか48時間以内の終了が必須条件…

 

グーグル検索をすると近くに1軒がヒット。電話で問い合わせてみると、業務時間内であればいつ来てもいいと告げられ、

f:id:Yuichibow:20220517155825j:image

「駆け込み検査」にて、薬物検査は無事終了しました。

 

ちょっと難儀だったのが、黄熱病ワクチン…
f:id:Yuichibow:20220517153913j:image

世界的にワクチン不足が叫ばれていることもあり、要予約…

 

1週間、首を長くして待った上でやってきた予約の日。

f:id:Yuichibow:20220517160306j:image

 

向かったのは我が家から45分ほどの、トラベルクリニック。
f:id:Yuichibow:20220517160303j:image

f:id:Yuichibow:20220517161137j:image

 

晴れて接種完了……大型国際線機材でアフリカ路線を担当することも、書面上は可能になりました。
f:id:Yuichibow:20220517160309j:image

しかしアフリカよりも先に行かないといけない場所がある…

 

 

 

その場所とは……

 

 

 

ニッポン……

f:id:Yuichibow:20220517172149j:image

 

実は日本の運転免許証の期限が切れてしまったので、再取得の手続きをしないといけません…
f:id:Yuichibow:20220517162531j:image

そこで合計1週間の『免許証再取得弾丸ツアー』を敢行……まず日本に行くに当たって必要になるのが、コロナウィルス「陰性証明」。

 

デトロイト空港内にある「即時検査場」にて、コロナウィルスの検査が受けられます。お値段はやや高めで、175ドル。
f:id:Yuichibow:20220517162741j:image

ただその場で、陰性証明書も発行してくれます。医療機関の印鑑付きで、陰性証明の有効期間は、72時間…

 

時間が勝負…
f:id:Yuichibow:20220517162635j:image

 

2022年5月現在で週1往復が運航されている、デトロイト発名古屋行きに飛び乗り、
f:id:Yuichibow:20220517162713j:image

空席があったので、ビジネスクラスへと招待していただいて、

 

ちなみに、夕食は鶏肉グラタン添えでした。
f:id:Yuichibow:20220517162402j:image

 

デザート付き…
f:id:Yuichibow:20220517193813j:image

 

セントレア到着。
f:id:Yuichibow:20220517162643j:image

 

通常ですとここから税関へと直行ですが、2022年5月現在は検疫を通ります。発着便が減っているので、通常は出発用で使用されている場所が、仮設検疫場になっておりました。
f:id:Yuichibow:20220517191639j:image

2回コロナワクチン接種済みの人ですと、帰国時から1週間の自己隔離(3回接種済みであれば、隔離なし)。2022年5月現在、帰国から24時間以内であれば、隔離する場所まで公共交通機関を使っての移動も許可されているので、

 

セントレア空港直結の名鉄電車に飛び乗り、
f:id:Yuichibow:20220517162506j:image
f:id:Yuichibow:20220517162500j:image

 

名古屋駅で駅弁を購入…
f:id:Yuichibow:20220517162551j:image

 

ひつまぶしにステーキの組み合わせの豪華弁当。それでいてお値段1,540円也…
f:id:Yuichibow:20220517162438j:image

 

新幹線に乗って、実家がある岡山へ向かいます。
f:id:Yuichibow:20220517162700j:image

 

終着駅の岡山手前では、既にガラガラの客席…
f:id:Yuichibow:20220517162421j:image

 

岡山駅には夜遅く到着…
f:id:Yuichibow:20220517162544j:image

翌日から隔離がカウントされ、最低3日間の待機が始まります(2022年5月現在)。

 

その間は自宅などにて、
f:id:Yuichibow:20220517175738j:image

野球ゲームなどで……(ちなみに、実在のデトロイトタイガース、ジョナサン・スコープ二塁手は、ただ今打率1割台に低迷中…)

 

 

もとい……

 

 

会社移籍後の担当機材も決まったので、勉強せんといかん……

f:id:Yuichibow:20220517181736p:image
f:id:Yuichibow:20220517181739j:image

担当機種は、ボーイング717型機に決まりました。

 

3日目、自主検査のための短時間外出。

f:id:Yuichibow:20220517162415j:image

岡山駅までやってきて、駐車場横のエレベーターを降りると、

 

すぐにPCR検査場があり、ここでは唾液採取方式の検査…
f:id:Yuichibow:20220517182129j:image

検体を採取したあと、とんぼ帰りで帰宅します。夕方には「陰性証明」がメールにて送付され、

 

帰国時にインストールしておいたMySOSのアプリから、入国者健康確認センターへと陰性証明を送付。すると10分ほどで返信があり、
f:id:Yuichibow:20220517162652j:image

晴れて4日目以降、隔離解除となりました。

 

4日目。行動開始。早朝に岡山駅までやってきて、
f:id:Yuichibow:20220517162535j:image

 

運転免許センター行きのバスに乗車します。
f:id:Yuichibow:20220517182451j:image


岡山県運転免許センター到着…
f:id:Yuichibow:20220517162358j:image

ところが………

 

書類不備で、再び翌日出直しということに…持参した書類のうち、住民票の本籍地欄が「省略」と記載されていたのですが、これが不備の対象に……
f:id:Yuichibow:20220517162610j:image

期限失効の場合『本籍地記載』が必要になるんだそうです……

 

退散…
f:id:Yuichibow:20220517162456j:image

 

帰りの道中、区役所出張所に立ち寄り、『本籍地記載がある』住民票を発行してもらって、

f:id:Yuichibow:20220517182707j:image

 

翌日に、改めて再挑戦…
f:id:Yuichibow:20220517162528j:image

 

その日は、雨も止んでおりました…

f:id:Yuichibow:20220517182814j:image

 

めでたく書類も全て揃い、再取得手続き完了…
f:id:Yuichibow:20220517162434j:image

免許証も即日発行。期限失効からあまり時間が経っていなかったので、期限5年間の免許証を受領できました。

 

ホッとひと息の帰りのバスからの車窓…
f:id:Yuichibow:20220517162622j:image

 

そして息をつく暇もなく、土曜日には実家を出発…
f:id:Yuichibow:20220517162509j:image

 

再び名古屋へと向かいます。
f:id:Yuichibow:20220517162648j:image
f:id:Yuichibow:20220517162412j:image

 

乗るのは、のぞみ28号。
f:id:Yuichibow:20220517162734j:image

 

名古屋でJRから、名鉄へと乗り換えて、
f:id:Yuichibow:20220517162607j:image
f:id:Yuichibow:20220517162524j:image

 

セントレアまで…
f:id:Yuichibow:20220517162558j:image

 

ただしアメリカへと戻る前に、もう1つの手続きが必要になります。
f:id:Yuichibow:20220517162724j:image

それはアメリカへ出発前の、コロナウィルス「陰性証明」。

 

中部国際空港の国際線到着階には、コロナ検査用の施設ができていましたので、そちらで検査をしてきました。
f:id:Yuichibow:20220517184435j:image

ちなみに愛知県の意向で、ワクチン接種済みであれば検査費用は無料…

 

検査が終わって、腹ごしらえ。
f:id:Yuichibow:20220517162453j:image

 

今回の帰国での、唯一の外食でした。
f:id:Yuichibow:20220517162727j:image

セントレア4階のレストランホールにて。お値段2,800円也。その日はセントレア横のホテルにて宿泊です。

 

翌朝には再びセントレア空港へと舞い戻り、

f:id:Yuichibow:20220517195510j:image

午前8時過ぎには、搭乗手続き。

 

閑散とする免税店を横目に見ながら…
f:id:Yuichibow:20220517162520j:image

 

11時過ぎのフライトに乗っておりました。
f:id:Yuichibow:20220517162424j:image

 

デルタ94便、デトロイト行き。
f:id:Yuichibow:20220517162541j:image

 

この日も空席には余裕があり、

f:id:Yuichibow:20220517162513j:image

ビジネスクラスへと招待され、

 

夕食は牛肉のデミグラスソース添えなどを、いただいておりました。
f:id:Yuichibow:20220517162737j:image

 

デザート付き…

f:id:Yuichibow:20220517162720j:image

 

午前10時過ぎには、デトロイトに到着し、

f:id:Yuichibow:20220517190349j:image

入国管理局も無事通過して、愛妻ちゃんのお迎え待ち…

 

お昼過ぎには帰宅。

f:id:Yuichibow:20220517185802j:image

わずか1週間の『運転免許証更新弾丸ツアー』…完遂しました…

 

 

 

 

 

そして2日後には、息子くんのジャズバンド演奏への付き合いでお出かけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裕坊日記(5月5日)

アメリカの旅客航空会社に勤める、裕坊といいます。

f:id:Yuichibow:20220506101557j:image

 

先週4日間のフライトをこなし終えて、帰宅。

f:id:Yuichibow:20220506102020j:image

春麗かな快晴の中の、デトロイト到着でした。

 

ミシガン州にもようやく本格的な春が訪れ、デトロイト川に浮かぶ小島、ベルアイルでは週末に鯉のぼり祭も開催されました。

f:id:Yuichibow:20220506103809j:image

f:id:Yuichibow:20220506102111j:image

 

息子くん率いるアンサンブルでは、屋外演奏なども…
f:id:Yuichibow:20220506102107j:image

使っていのは、木琴のマリンバが中心。

 

ちなみに奥に見える建物は、ベルアイル水族館。デトロイト動物学協会によって運営されていた水族館は2005年に閉鎖。

f:id:Yuichibow:20220506104037j:image

その後ベルアイル自然保護協会の運営によって、2012年に再開しています。現在は週末のみの開館で、入館料は無料。

 

ベルアイルといえば、ソメイヨシノが見られることでも知られ、

f:id:Yuichibow:20220506103439j:image

 

鯉のぼり祭開催時は、ちょうど満開で見ごろだったらしいです…
f:id:Yuichibow:20220506103443j:image

本当は桜をゆっくりと見て回りたかったのですが、

 

高校での課外活動、ジャズバンドにも参加している息子くんは、その日は夕方からバンド演奏が入っていて…

f:id:Yuichibow:20220506104858j:image

踵を返すように、我が家近くの音楽堂へと急いでおりました…

 

そちらでは、ピアノ担当。
f:id:Yuichibow:20220506104854j:image

 

春の訪れと共に、我が家の芝生にも勢いが出始め…
f:id:Yuichibow:20220506101755j:image

 

今年初めて芝刈り機くん登場……ちなみに我が家の芝刈り機は、電気式でございます…
f:id:Yuichibow:20220506101803j:image

テスラと同じように電気モーターを使っていますが、テスラほどのパワーはありません…ちなみにバッテリーの持続時間は、45分ほど。

 

ただ我が家の庭ほどの大きさであれば、十分事足ります。
f:id:Yuichibow:20220506101807j:image

普段はお小遣い稼ぎに芝刈りに精を出す息子くんですが、今は試験勉強の真っ最中…

 

裕坊自ら芝刈り機を押して、
f:id:Yuichibow:20220506101819j:image

家の前と…

 

裏庭とを、30分ほどかけて終了…
f:id:Yuichibow:20220506101811j:image

この時期は芝の伸び方にバラツキがあるので、また栄養剤を蒔かないといけません…

 

そしてお休み3日目辺りにもなると、ワイシャツにアイロンをかけて次の出勤へと準備を始めるのですが……

f:id:Yuichibow:20220506111019j:image

このお休みでは、半年一度に受けている検診にも訪れて、航空身体検査証を更新。

 

我が家近くのクリニックでの受診。
f:id:Yuichibow:20220506111011j:image

今の会社に入社してから16年ずっと通い続けているので、お医者さんだけでなく、従業員さん共々顔馴染み…

 

健康であれば、10分もあれば診察は終わってしまいます。
f:id:Yuichibow:20220506111015j:image

40代以上になると年に一度、心電図も取らないといけないので、この時は15分を要しました。

 

まだ時間に余裕があったので…

f:id:Yuichibow:20220506105811j:image

我が家近くのブランチのお店などにまで、愛妻ちゃんとともにお出かけ…

 

明るい雰囲気の店内。
f:id:Yuichibow:20220506105808j:image

 

ほんのちょっと体調を崩していた愛妻ちゃんでしたが、体も回復しつつあり、
f:id:Yuichibow:20220506105758j:image

今日はケールジュースに、ワッフルの組み合わせを選んでいました。

 

裕坊はカロリー高めながらも、クラブケーキベネディクト。
f:id:Yuichibow:20220506105803j:image

こちらは春限定のメニュー。大当たりでした。

 

今まででは有り得なかった長いお休み…タネ明かしをすると、ダメもとで申請をしていた2週間分の特別休暇願いが、

f:id:Yuichibow:20220506110825j:image

全面承認………もちろんその分のお給料は支給されません…

 

 

 

裕坊の誕生日に合わせて取得していた5月後半の有給休暇とともに、5月は全休となりました…

 

 

 

親会社であるデルタ航空への、子会社からの転籍制度は正式に昨夏からスタートしたのですが、それに伴う休暇の申請でした。

f:id:Yuichibow:20220506112221j:image

裕坊の順番までにはもうしばらく時間がかかると思っていたのが、思い描いていた以上に早く研修が始まることになり…

 

提出が必要な書類がまだ少し残っていての、やむなき休暇取得でした…
f:id:Yuichibow:20220506111840j:image

ちなみに研修開始は、6月上旬。

 

ひょっとすると裕坊にとって、リージョナルジェット機乗務最後になるかも知れない前回の4日勤務。

f:id:Yuichibow:20220506113031j:image

穏やかなお天気の中を、デトロイトを出発。

 

ここ最近急激にエンデバー航空による担当便数が増えている、ニューヨークを行ったり来たりの4日間でした。
f:id:Yuichibow:20220506113023j:image

 

ターミナルビルの建て替え工事が続いているラガーディア空港では、
f:id:Yuichibow:20220506113019j:image

 

一部では既にボーディングブリッジの据え付けも終わり、開業を間近に控えた姿を見せ始めています。
f:id:Yuichibow:20220506113039j:image

 

エンデバー航空では最近は珍しくなった、パイロットと客室乗務員が4日間ずっと同行を続けるパターンの勤務。
f:id:Yuichibow:20220506113002j:image

こちらはデンソーの支社があるテネシー州、ノックスビル。

 

まだ移籍の実感がないまま着いた、ジョージア州サバンナ。
f:id:Yuichibow:20220506112958j:image

買ったばかりのiPhone機内モードを解除すると、直属の上司でもあるデトロイト所属のチーフパイロットから休暇承認のメールが届いておりました。

 

ホンマにこの夜が、エンデバー航空社員としての最後の宿泊になるんやろか…
f:id:Yuichibow:20220506113043j:image

 

翌日は東海岸はずっと快晴の1日。
f:id:Yuichibow:20220506113014j:image

早朝に出発する便で、やってきたのは、

 

ニューヨーク・ラガーディア空港…
f:id:Yuichibow:20220506113026j:image

ひょっとすると、こうしてリージョナルジェット機を間近で撮るのも、これが最後なのかも…

 

この日が最後になる可能性もあり、副操縦士のピーターくんの提案で、4人での記念撮影。
f:id:Yuichibow:20220506113047j:image

3名の快諾は、もちろんいただいております。

 

ラガーディア空港からの『エンデバー航空社員としての最終担当便』は、ニューヨーク州・サラキュース行き。

f:id:Yuichibow:20220506113308j:image

カレンダーを見る限り、有給を返上してフライトを入れるのは、限りなく不可能に近い…

 

ピナクル航空に始まり、16年間勤め上げたエンデバー航空でのフライトが、あっけなく終わりました…

f:id:Yuichibow:20220506113034j:image

ターミナル内のゲート横にあるレストラン。

f:id:Yuichibow:20220506113202j:image

 

軽くお食事…
f:id:Yuichibow:20220506113158j:image

ちっとも軽くないし……

 

そこから所属するデトロイト空港までは、同業他社さんによる運航でした。
f:id:Yuichibow:20220506113006j:image

 

終わった…
f:id:Yuichibow:20220506115118j:image

実際には書類提出自体はほとんど終わっているので、残っているもの自体は限りなく少ないのですが…

 

 

取りこぼしはできない……

 

 

 

 

 

そして6月からは、次のステップへと進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裕坊日記(4月26日)

米国内、短距離路線担当のパイロット、裕坊といいます。

f:id:Yuichibow:20220427140538j:image

 

5日勤務のフライトを終えて、3日間のお休みをいただいていたのですが、それもあっという間に終わって次の4日勤務が始まります。

f:id:Yuichibow:20220427122605j:image

前回の5日勤務の最終日は、69名仕様のCRJ–700型機でデトロイトまで。トイレが1つしかなく客席も手狭で、客室乗務員の間では不人気という悲運な境遇のCRJ−700型機。操縦性能が優れているので、パイロット視点ではとても乗りやすいのですが…

 

どの機体も機齢が20年前後と、経年劣化が否めなくなっているのも事実…

 

 

3日間のお休みの間は、ミシガン州都のランシングへと出かけて、
f:id:Yuichibow:20220427122631j:image

中華系のスーパーへと立ち寄ったり…

 

中華系スーパーといえば、鮮魚コーナーが充実…
f:id:Yuichibow:20220427122646j:image

 

水槽ではウナギが泳いでおりました。
f:id:Yuichibow:20220427122642j:image


そのあとは、ハワイアンレストラン(ミシガン州立大学の本キャンパスからやや西にあります)へと立ち寄って、
f:id:Yuichibow:20220427122553j:image

 

食べていたのは、骨付きショートリブカルビ…
f:id:Yuichibow:20220427122634j:image

どのメニューも当たりのレストランでした。

 

そして陶芸家の方のご自宅へと伺って、陶芸を実体験…
f:id:Yuichibow:20220427122557j:image

この状態から、

 

粘土に空気を入れずに、平らにする作業が一苦労…
f:id:Yuichibow:20220427122626j:image

 

ちなみに、こちらが愛妻ちゃんの作品。
f:id:Yuichibow:20220427122601j:image

桜などの模様を入れた小皿がたくさん。

 

息子くんは、ちょっと技術が必要になる轆轤に挑戦…
f:id:Yuichibow:20220427122608j:image

時々粘土を飛び散らせながらも、上手に作っておりました。ちなみに、右側は先生の作品で、左側が息子くん…

 

こちらが裕坊の作品。まずまずの出来栄えに見えますが、実はこれが手っ取り早くて、技術的にも一番簡単だったりするのです。
f:id:Yuichibow:20220427122613j:image

短時間でいい物を生産するのを、経済学では「生産性がいい」と呼びます。

 

 

「ずる賢い」とも呼ぶこともあります…

 

 

翌日は、アップルストアへと出かけたりもしておりました。
f:id:Yuichibow:20220427122026j:image

 

あまりにも愛妻ちゃんのiPhoneの調子が悪かったので、アップグレード期間を利用しての買い換え。
f:id:Yuichibow:20220427122022j:image

月曜日だったとあって、待ち時間もなく手続き開始…

 

同乗する副操縦士の中に最新型のiPhoneを持っている人もいて、写真の画質が大幅に向上しているのを見て羨ましいと思っていた裕坊も…
f:id:Yuichibow:20220427122029j:image

 

思い切って買い換えました…
f:id:Yuichibow:20220427122018j:image

3つのレンズがついて、様々な場面に臨機応変に対応してくれる最新型…バグもなくなり、とても使いやすくなったのですが、

 

この3つのレンズの形が、どうも愛妻ちゃんには怖いのだそうな…

f:id:Yuichibow:20220427122619j:image

よくよく調べていると、集合体恐怖症という症状があるそうなのですが、愛妻ちゃんには「イボガエル」に見えてしまうらしい…

 

 

タピオカミルクティー、と思っとこうや……

 

 

これは昨年、我が家で車を探している時のエピソード。候補の1つにしていた車を見つけて、そのフォルムに惚れ惚れしている裕坊に愛妻ちゃんがひとこと、こう言いました。

f:id:Yuichibow:20220427130034j:image
『顔が蜂の巣やん』…………

 

さらにもう1つエピソードをご紹介すると、かつて裕坊が乗っていた愛車のナンバーは「6978」。その番号から語呂合わせを思いついた愛妻ちゃん、ひとことこう言いました…

f:id:Yuichibow:20220427131908j:image

「ろくなやっちゃ、なかったんやなぁ〜」…

 

 

愛妻ちゃんは、芸術家、プロの画家ですら顔負けするほどに、抜きん出た想像力の持ち主なのでした…

 

 

昨年車を探していた時の、とある晴れた日の出来事でこざいました…
f:id:Yuichibow:20220427120616j:image

前回の5日勤務は、お天気にはまずまず恵まれ、前半は晴れて気温も20度前後に上がる日も多かったです。ちなみに写真は、シンシナティのホテルの出発前で、気温は摂氏24度…

 

春の訪れを告げる花が中西部でも咲き始める中、
f:id:Yuichibow:20220427120530j:image

 

慌ただしく飛んだ5日でした。
f:id:Yuichibow:20220427120523j:image

 

ちなみにこちらは、首都ワシントンからポトマック川を挟んで南側に位置するロナルド・レーガン空港における1コマ…
f:id:Yuichibow:20220427120534j:image

 

空港の北には、モニュメントや連邦議事堂なども見えます。
f:id:Yuichibow:20220427120520j:image

滑走路北向きに離陸する時には、ペンタゴンが空港間近によく見えるロケーション…

 

ここ最近は、ニューヨークのマンハッタンに程近い空港を行ったり来たりで、

f:id:Yuichibow:20220427132859j:image

 

ニューアーク空港では、フランスからの変わった塗装の格安航空会社などを始めて目にすることもあった5日間でしたが、
f:id:Yuichibow:20220427132903j:image

前回の5日勤務のハイライトといえば、

 

アメリカにおける公共交通機関利用時のマスク着用義務が、原則撤廃になったこと。
f:id:Yuichibow:20220427132628j:image

 

爆発的コロナウィルス蔓延の真っ只中にあっても、マスク着用義務撤廃を訴える人が圧倒的に多かったアメリカ…

f:id:Yuichibow:20220427134944j:image

 

州によっては『マスクをしない自由』論争を巡って、住民同士での揉め事に発展することまでありました…
f:id:Yuichibow:20220427134947j:image

 

コロナなんか怖くはねぇぞ、とマスクなしのパーティーまで大々的に開催して、感染者が天文学的な数字に上ったことも…
f:id:Yuichibow:20220427134949j:image

 

4月18日(月)夕方にこの女性裁判官(キャサリン・キム・ミゼル氏)から発表され、その日の夕刻から正式にマスク着用については当面の間、個人の判断に委ねられることになっています。

f:id:Yuichibow:20220427134708j:image

 

一部ではマスクを焼き払うなどの動きもあったそうですが…
f:id:Yuichibow:20220427132556j:image
f:id:Yuichibow:20220427132603j:image

 

とりあえず勤務中に、大きなトラブル等に遭遇することはなく…

f:id:Yuichibow:20220427135941j:image

 

短時間の宿泊滞在が多く入り、バタバタしながらも、
f:id:Yuichibow:20220427135954j:image

 

虹がお目にかかることもあったり、
f:id:Yuichibow:20220427135937j:image

 

夕日を真正面に見ることもあったフライト。
f:id:Yuichibow:20220427135945j:image

 

まだ国際線の搭乗率は平常時にはほど遠く、閑散とした国際線到着口…
f:id:Yuichibow:20220427135949j:image

この先にあるバス停から従業員駐車場へと向かって終わった5日勤務でした。

 

そして大手航空会社による、子会社乗務員の『吸い上げ』が本格化している昨今…
f:id:Yuichibow:20220427122006j:image

裕坊も親会社転籍を受け入れることになり、

 

新人研修に備えるべく、新たにスーツを新調することになりました。
f:id:Yuichibow:20220427122034j:image

でもまだ研修開始は先の話……ホンマに行くんやろか……

 

 

 

 

取り敢えず地域航空会社の乗務員としての勤務はしばらく続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裕坊日記(4月18日)

アメリカ国内の短距離路線を飛んでいる、裕坊といいます。

f:id:Yuichibow:20220419064129j:image

 

『バスを待ち 大路の春を うたがはず』(石田波郷

f:id:Yuichibow:20220419053806j:image

先日の4日勤務中の、ケネディ空港での1コマ。気温は10度台とややヒンヤリでしたが、空は青く、すっかり春の日差し…

 

こちらは、サウスカロライナ州グリーンビルのホテルからの出発前…

f:id:Yuichibow:20220419054202j:image

気温は24度…

 

芝がすっかりと青くなり、
f:id:Yuichibow:20220419054147j:image

 

抜けるような青空が広がり、
f:id:Yuichibow:20220419054150j:image

 

出発前の外部点検も、半袖で十分なほどの陽気でした。
f:id:Yuichibow:20220419054156j:image

 

到着はニューヨーク、ラガーディア空港。改装工事が続いていて、リージョナルジェット機ご利用の際は、搭乗口据え付けの階段を利用した発着が多くなっています。
f:id:Yuichibow:20220419054159j:image

 

4日勤務終了…お昼前にはデトロイトへと帰ってきておりました。

f:id:Yuichibow:20220419054430j:image

お休みは1日だけ……

 

ところが…

 

愛妻ちゃんによると、どうやらトイレの水が止まらなくなってしまったらしい…
f:id:Yuichibow:20220419064200j:image

我が家は築40年、しかもどこもかしこも建てた当時のまま…水道用チューブにも亀裂ができていたのか、水が漏れていました。

 

新しいチューブを買うべく、近所のホームセンターへと寄ってみると、クリスマス以外はほぼ年中無休で開いているはずのホームセンターが…
f:id:Yuichibow:20220419054407j:image

お休み…

 

仕方なく、別のホームセンターへ…

f:id:Yuichibow:20220419064709j:image
先ほどのお店を当てにしていた人も多かったのでしょう。店内はけっこうな賑わいでした。アメリカでは至る所で人材不足が顕在化……臨時休業を余儀なくされるお店も出てきています…

 

新しいチューブを取り付け。タンク内のゴムパッキンがかなり劣化していて、チューブが通る穴をなかなか塞げず悪戦苦闘…パッキンも買っとけばよかったかな、と思ったのですが…

f:id:Yuichibow:20220419065302j:image

なんとか穴も塞がってやれやれ…一仕事を終えました。

 

 

そして束の間の1日のお休み…

 

 

カーテンを開けてみると……
f:id:Yuichibow:20220419054419j:image

雪……

 

予報にはありましたので、覚悟ができてはおりました…
f:id:Yuichibow:20220419054426j:image

 

午後になると、さらに降り方も激しくなって……
f:id:Yuichibow:20220419054434j:image

4月とちゃうん………???

 

我が家にはガレージに2台しか車が入らないので、1台は外に停めているのですが…
f:id:Yuichibow:20220419054415j:image

裕坊が15年間通勤用に乗ってきたセダンくんも、ご覧の通り…

 

道路にはほとんど積もらなかったものの、芝生や樹木の上は真っ白…
f:id:Yuichibow:20220419054403j:image

 

ちなみにノースダコタ州では、3日間断続的に雪が降り続き、
f:id:Yuichibow:20220419054548j:image

シェール技術を使った石油採掘で、急激に人口が増加しているマイノット(Minot)では…

 

積雪なんと180センチ…
f:id:Yuichibow:20220419054551j:image

 

『雪残る 頂ひとつ 国境』(正岡子規
f:id:Yuichibow:20220419054554j:image

写真に写っているのは、残雪ではございません……

 

 

ここ最近調子が良くないiPhoneの買い替えを予定していたのですが、また来週……

 

 

我が家で1日じっとしていたのですが、こんな画像が目に入ってきました……

f:id:Yuichibow:20220419071241j:image

大型バス…

 

こちらのアメリカン航空機と同じロゴが入っています。

f:id:Yuichibow:20220419074700j:image
f:id:Yuichibow:20220419074657j:image

実は先ほどのバス、アメリカン航空の立派な運航便になるそうです。空港ではちゃんと保安検査場も通過した上で、『出発ゲート』からの『搭乗』になるのだとか……

 

 

『就航』することになるのは2路線。アメリカン航空の基幹空港の1つ、フィラデルフィア空港からの運航だそうです。そのうちの1路線は…

 

 

ペンシルベニア州アランタウン行き。

f:id:Yuichibow:20220419083555j:image

毎日2往復が運航されるそうです。

 

アランタウンといえば、アメリカのラストベルトとも呼ばれる、かつて繁栄しながらその後大きく衰退した都市の1つで、ビリージョエルの歌にまでなりました。
f:id:Yuichibow:20220419083450j:image

 

現在、復興中。
f:id:Yuichibow:20220419083438j:image

 

アランタウン空港へは、かつてフィラデルフィアからリージョナルジェット機による運航があったそうなのですが…

f:id:Yuichibow:20220419083441j:image

コロナ禍の煽りを受けて、路線は「休止」…バス会社と提携した上で『路線再開』と相成りました…

 

空港に着くと、まずは搭乗手続き。荷物を預け入れ、
f:id:Yuichibow:20220419083428j:image

 

保安検査場も通ります。
f:id:Yuichibow:20220419083425j:image

 

ターミナルへと入り、
f:id:Yuichibow:20220419083435j:image

 

『搭乗券』をスキャンして『搭乗ゲート』を通過するまでの流れは全く同じ。
f:id:Yuichibow:20220419083446j:image


但しボーディングブリッジを使って、地上へと降りると、待っているのはアメリカン航空のロゴが入った『バス』…
f:id:Yuichibow:20220419084700j:image

 

Wi-Fiが無料で利用でき、各シートにはケータイ充電用のコンセントも完備されているそうです。

f:id:Yuichibow:20220419084721j:image

一般道を通りますから、自分のケータイを使ってのインターネット利用ももちろん可。

 

フィラデルフィア空港では、旅客ターミナル側へと到着。

f:id:Yuichibow:20220419094632j:image

保安検査場を再度通過する必要はなく、乗り継ぎも通常の航空機利用時と同じ。預け入れの荷物は、最終目的地までちゃんと転送してくれるそうです。

 

もう1路線は、大西洋岸側に面するカジノリゾートの町、アトランティックシティ。毎日3往復になるそうです。

f:id:Yuichibow:20220419083636j:image

アメリカ人にはお馴染みの東海岸沿いのリゾートなのですが、

 

空港の規模が小さく、フィラデルフィアニューアークからも近くて位置的にも中途半端…就航していたのは、スピリット航空のみでした。
f:id:Yuichibow:20220419083638j:image

アクセスが大変不便だったのですが、この度新しい『航空会社の路線』が開設になりました。

 

各航空会社ともパイロット不足はとても深刻…特に地方路線を担当する地域航空会社の人員不足が顕著で、元々はそれに対する苦肉の策だったのですが、

f:id:Yuichibow:20220419085813j:image

3名の乗務員が必要となる航空機を使う代わりに、運転手1人で賄えてしまうバスで短距離、小規模路線をカバー…コストも抑えられて提携のバス会社の需要も喚起。

 

『バスを待ち 大路の春を うたがはず』…

f:id:Yuichibow:20220419101233j:image

今後の大手航空会社の1つのトレンドになる余地は、十分にありそうです。

 

 

 

 

 

火曜日から、5日勤務のフライトに出勤です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裕坊日記(4月10日)

米国内短距離路線を中心に乗務する旅客機操縦士、裕坊といいます。

f:id:Yuichibow:20220411171412j:image

 

5日間の勤務を終えて、雲一つない快晴のお天気の中を、愛妻ちゃんと久しぶりにお出かけしました。

f:id:Yuichibow:20220411142125j:image

家族で使っている3台の車のプレート更新時期が迫って、お役所の機械で更新をしようとしたところ、

 

 

機械に入っているはずのシールが品切れ……

 

 

気を取り直して車に再び乗り込み、とあるカフェへと向かっていると…
f:id:Yuichibow:20220411142133j:image

貨物列車専用引き込み線に、滅多に通らないはずの貨物列車が通過中……

 

 

それでもめげずにやってきました。
f:id:Yuichibow:20220411142109j:image

f:id:Yuichibow:20220411142122j:image

超高級住宅があるバーミンハムのダウンタウン

 

ミシガン州で唯一の、スターバックスリザーブのお店までやってきました。
f:id:Yuichibow:20220411142130j:image

本場のコーヒー豆をその場で挽いて、豆の香りから味わえるロースタリーやったら、もっと最高なんやけどなぁ〜…ちなみにスターバックス・ロースタリーは、世界でも6軒だけ(そのうちの1軒は東京。青葉台にあります)…

 

それでも寛ぎのひと時を過ごしました。
f:id:Yuichibow:20220411142141j:image

f:id:Yuichibow:20220411150036j:image

 

先日終えたばかりの5日勤務。最終日の金曜日は、シンシナティ空港での早朝出勤だったのですが、
f:id:Yuichibow:20220411142116j:image

春休みだったこともあって、保安検査場への行列がなんと搭乗手続きカウンターまで続くという大混雑…

 

 

ちなみに4月中旬まで延期されている公共交通機関利用時の米国内マスク着用義務。航空会社はこぞって連邦政府に対して、義務撤廃をかなり強く要請しています…

 

 

コロナ禍が過去の出来事のような雰囲気になる中、久しぶりにテキサス州の州都、オースティンまでのフライトなどをこなしておりました。

f:id:Yuichibow:20220411142146j:image

f:id:Yuichibow:20220411160427j:image

開業になったばかりの新ターミナルでの発着…

 

最近の新しいターミナルの例に倣い、天井が高くて開放感のあるターミナルになっておりました。
f:id:Yuichibow:20220411142112j:image

 

ただ裕坊にとっての今回の5日勤務のハイライトは、

f:id:Yuichibow:20220411151713j:image

東海岸を3日連続で襲っていた、大規模な雷雨…

 

連邦航空局が発表する各空港の遅延情報を見ていても、
f:id:Yuichibow:20220411151705j:image

ニューヨーク付近を中心に大幅な遅れになり、

 

ラガーディア空港行きなどは、最大3時間の離陸待ち…
f:id:Yuichibow:20220411151708j:image

 

当日の我が社の運航実績表を見ると、
f:id:Yuichibow:20220411151710j:image

午前中こそ遅延もほぼなく、全便ほぼ定刻で到着していたものの、

 

午後の便は遅延が大きくなりすぎて、多くの乗務員が拘束時間の制限を大幅に超えることになり、軒並み欠航が相次ぐことになりました…
f:id:Yuichibow:20220411151703j:image

 

ただ裕坊が担当した便でいうと、最大2時間近くの遅れにはなりながらも…
f:id:Yuichibow:20220411152359j:image

深夜近くになろうとも日付が変わろうとも、運航が中止になることはなく、

 

5日間合計で13便を、1便たりとも欠航することなく終えることが出来ました。
f:id:Yuichibow:20220411152448j:image

 

スタミナ丼…8ドルと、なかなかリーズナブル…
f:id:Yuichibow:20220411152437j:image

全米の中でも旅客機就航空港としては最北東端になる、メイン州バンゴー空港で購入。

 

そのバンゴー空港、空軍並びに沿岸警備隊所属の空中給油機、軍用貨物機などがたくさん停泊しています。大型軍用機が見られる空港の1つで、アフガニスタン戦争などの際には相当な往来があったのですが、
f:id:Yuichibow:20220411152417j:image

今ではたまに大型貨物機が発着するくらい……アメリカは2022年4月中旬現在、直接ウクライナ紛争には軍事介入していないとあって、バンゴー空港の空軍基地も今はかなりひっそりとしています。

 

5日勤務は、金曜日の夕方に終了。
f:id:Yuichibow:20220411160400j:image

 

そして帰宅する頃になって、急に飛び込んできた旅客航空界のニュースといえば、航空会社同士の合併、買収に関するニュース。

f:id:Yuichibow:20220411161138j:image

格安航空会社の代表格の1つ、ジェットブルー航空スピリット航空との買収交渉を始めることになったそうです。

 

実をいうと、スピリット航空といえば、
f:id:Yuichibow:20220411161132j:image

 

最近になって、フロンティア航空を傘下に収める投資企業による買収への動きが始まったばかりでした…
f:id:Yuichibow:20220411161135j:image

運航規模ではスピリット航空を下回るフロンティア航空。資金力でスピリット航空を遥かに上回る、インディゴー・パートナーズ(4社の航空会社を運営)の傘下の航空会社です。

 

そのインディゴー・パートナーズ最高経営責任者である、ビル・フランク氏によってスピリット航空買収交渉が持ちかけられたのが2月。

f:id:Yuichibow:20220411164201j:image

買収金額提示は29億ドル(日本円でおよそ3,000億円)でした。

 

そこに割って入ってきたのが、ジェットブルー航空。買収金額の提示は、36億ドル(3,700億円)と、インディゴーと比べて20%増し。

f:id:Yuichibow:20220411165047j:image

結果的にどちらに傾くことになるのかは、裕坊には見当すらつきませんが、一部報道を見ているとスピリット航空ではジェットブルー航空からの働きかけを真剣に検討しているんだそうです。

 

元々同じ格安航空でも、フロンティア航空とスピリット航空とでは経営方針がとても似通っていて、両社とも使用機材は全機エアバス320型シリーズ。
f:id:Yuichibow:20220411165039j:image

座席クッションが極端なまでに薄く、リクライニングもなければ機内エンターテイメントもない、徹底した簡素ぶりが大きな特徴になっています(最近では両社とも、機内エンターテイメントの設置を始めていますが…)

 

ちなみに上の写真がフロンティア航空で、下の写真はスピリット航空

f:id:Yuichibow:20220411165054j:image


スピリット航空などは、座席ポケットなども紐を交差させただけの超簡易型。ノートパソコンを置くことですらままなりません…
f:id:Yuichibow:20220411165044j:image

 

それに対してジェットブルー航空は、主力こそエアバス320型シリーズで一致しているものの、一部の機体はそれよりも小型なエアバス220型機であったり、エンブラエル社製であったり…

f:id:Yuichibow:20220411173412j:image

そして客席内に目を向けてみても、
f:id:Yuichibow:20220411165051p:image

各座席にはエンターテイメント用の画面が設置され、

 

機体によっては角度こそ浅いものの、リクライニングをする機体もお目見え、同じ格安航空でも快適さでは一線を画していて、
f:id:Yuichibow:20220411165058j:image

スピリット航空やフロンティア航空が行く路線とは必ずしも一致はしないのですが、

 

全く違う企業文化を持つ者同士の企業合併が過去になかったわけではなく、

f:id:Yuichibow:20220411170237p:image

 

最近ですと、アラスカ航空によるバージンアメリカ航空の買収などの例もありますし、
f:id:Yuichibow:20220411170241j:image

 

さらに遡ると、アメリカウェスト航空(当時の本社は、アリゾナ州フィネックス)と、
f:id:Yuichibow:20220411170233j:image

 

USエアウェイズ航空の2社の合併(この合併による新USエアウェイズは、現在のアメリカン航空の一部になっています)といったことも起こりました。

f:id:Yuichibow:20220411170826j:image

なのでスピリット航空の買収も、どちらに転ぶのかは、当事者同士にしか分かりません……ただパイロットの間では、しきりに話題になっていて、コックピット内の巡航中の話題にしばらくはなりそうです。

 

 

 

 

 

次回は木曜日から、4日勤務です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裕坊日記(4月3日)

米国内の短距離国内線を中心に乗務する、裕坊といいます。

f:id:Yuichibow:20220403161332j:image

 

久しぶりに4連休をいただき、家族と共にドライブしてきました。

f:id:Yuichibow:20220403155125j:image

向かったのはオハイオ州シンシナティ

 

息子くんが参加するジャズバンドが、大学の講堂にて行われる催しに参加。寒空の雪が舞う中を、4時間ほどかけてやってきておりました。
f:id:Yuichibow:20220403155136j:image

2017年に完成した、シンシナティ大学自慢の音楽堂(Corbett Auditorium of CCM Village)。

 

煉瓦建ての厳かな建物が建ち並ぶ一角にある音楽堂での演奏。
f:id:Yuichibow:20220403155128j:image

練習の成果を、しっかりと発揮しておりました。

演奏が終わったあとは1週間の春休みで、シンシナティダウンタウンを1日観光。

f:id:Yuichibow:20220331025532j:image

シンシナティは19世紀初頭にオハイオ川の水路の要所として栄え、文化、交通の要となって『クイーンシティ(女王都市)』と名付けられました。今でも中西部の代表都市の1つになっています。

 

鉄道の普及が本格化した20世紀前半には、鉄道路線の拠点にもなって、全米を代表するユニオンターミナルも建設されています(1933年完成)。

f:id:Yuichibow:20220331033044j:image

ただその後の自動車の普及、航空機の発達と共に鉄道の利用者は激減。一時は鉄道駅しての機能を失う羽目にまでなりました(1972年に一度は鉄道路線が全撤退、その後1991年に再開して、現在は隔日での運行が再開しています)。

 

ターミナルビル内には博物館もあるのですが、当日はお休み…

f:id:Yuichibow:20220331033054j:image

 

建物内の撮影は問題がなかったようで、じっくりと中の様子を観察することはできました。
f:id:Yuichibow:20220331033049j:image

 

建物を奥へと歩いていくと、列車が停まるプラットホームなどもあるようです。
f:id:Yuichibow:20220331033039j:image

 

迫力ものの高い天井を持つシンシナティ駅。現在の運行は週3便。
f:id:Yuichibow:20220331033100j:image

ニューヨークとシカゴを結ぶカーディナル号の途中駅の1つになるのですが、それぞれ深夜発着で昼行便の運行がないのが残念…

 

ユニオンターミナルの歴史が記された記述を読んでいると、完成時には既にアメリカにおける鉄道が、斜陽の時を迎えていたのだそうです。

f:id:Yuichibow:20220403121641j:image

最盛時の利用者は、1日34,000人。すごい数の人でごった返していたのが目に浮かんできます。


出入り口から見えるシンシナティダウンタウンユニオンターミナルからだと、車で10分ほど。

f:id:Yuichibow:20220331033057j:image

 

ダウンタウンまでやってくると、ケンタッキー州との境になるオハイオ川が流れています。

f:id:Yuichibow:20220403144511j:image

 

ケンタッキーとを結ぶ橋が、オハイオ川にはいくつかかけられているのですが、
f:id:Yuichibow:20220403144702j:image

中でも代表的なのが、

 

ジョン・ローブリング橋。
f:id:Yuichibow:20220403170346j:image

ニューヨーク州のブルックリン橋と、見た目も構造も全く同じ形をしています。
f:id:Yuichibow:20220403170427j:image

ジョン・ローブリングというドイツ出身の設計者の名前が、そのまま橋の名前になりました。

 

石畳で作られた橋脚は、ブルックリン橋と全く同じ。
f:id:Yuichibow:20220403170451j:image

1866年完成時には当時としては世界最長の吊り橋になり、橋脚同士の距離は322メートルになるそうです。

 

現在(2022年3月末)は車道部分が補強工事中のため、通行止めになっていました。
f:id:Yuichibow:20220403170620j:image

 

当日の気温は摂氏5度で、しかも川の上はかなりの強風……体感温度はマイナス5度くらい……
f:id:Yuichibow:20220403170656j:image

ゆっくりと橋の上からの景色を楽しむ余裕などはなく…

 

対岸まで渡って景色を撮ったところで、

f:id:Yuichibow:20220403170733j:image

 

とんぼ返り…
f:id:Yuichibow:20220403170850j:image

 

川のほとりにまでやってきたら、ここでのブランチがオススメ。
f:id:Yuichibow:20220403171005j:image

テイスト・オブ・ベルギー。

f:id:Yuichibow:20220403144618j:image

 

ワッフルが好評のお店で、中でもオススメなのが、
f:id:Yuichibow:20220403173549j:image

 

苺との組み合わせがバツグンの、ストロベリー&クリーム。
f:id:Yuichibow:20220403171047j:image

甘党の裕坊には、タマラナイです…

 

川沿いには、シンシナティに本拠を置くプロスポーチチームの本拠地もあり、
f:id:Yuichibow:20220403171216j:image

西へ目を向けるとアメリカンフットボールNFLシンシナティ・ベンガルズの本拠地、ポール・ブラウン・スタジアム(2000年開場)があります。

 

ただ野球小僧である裕坊の足は、こちら東側へと向きました。

f:id:Yuichibow:20220403171113j:image

 

シンシナティ・レッズの本拠地、グレート・アメリカン・ボールパーク。2003年の開場。

f:id:Yuichibow:20220403171248j:image

 

レッズの主力として活躍したかつての選手たちの銅像なども掲げられています。
f:id:Yuichibow:20220403171326j:image

その中には大リーグ史上歴代最多安打を放ちながら、賭博問題で大リーグを永久追放になったピート・ローズ選手なども…

 

グッズショップなども隣接されていて、レッズのチームカラーでもある赤色のグッズでお店はいっぱい。
f:id:Yuichibow:20220403171348j:image

 

2022年現在、西武ライオンズからやってきた秋山翔吾選手も在籍しています。
f:id:Yuichibow:20220403171415j:image
f:id:Yuichibow:20220403171411j:image

 

ただチームは現在低迷が続いていて、チームの顔になっているのはジョイ・ボットー選手くらい。
f:id:Yuichibow:20220403171450j:image

 

球場を出て1ブロック北へと行くと、路面電車も運行されています。2016年度に運行が開始された路面電車
f:id:Yuichibow:20220403171515j:image

シンシナティに残る歴史的建造物の間を走っていきます。ちなみに2022年4月現在は完全無料。ループ型に運行されているので、街の様子を一望することも可能。

 

2022年4月現在は連邦政府の定めで、公共交通機関に乗車する際はマスクを着けておかなくてはいけません…
f:id:Yuichibow:20220403171543j:image

ダウンタウン北側までやってくると、

f:id:Yuichibow:20220403171617j:image

 

歴史的建造物が目白押し。
f:id:Yuichibow:20220403171656j:image

 

中でも際立つのが、アメリカン・クラシック・ホールオブフェイムに、
f:id:Yuichibow:20220403171735j:image

 

シンシナティ交響楽団もある、ミュージック・ホールなど…
f:id:Yuichibow:20220403171801j:image
特にこの歴史的な音楽堂などは、間近で見るとかなりの迫力があります。

 

夕方には、フィンドレー・マーケットまでやってきてコーヒータイム。

f:id:Yuichibow:20220403171832j:image

 

中に入ってみると、食材店がひしめく賑わいのあるマーケットでした。
f:id:Yuichibow:20220403171859j:image

 

ちなみにブランチで裕坊が立ち寄ったテイスト・オブ・ベルギーは、このマーケット内のお店が一号店なのだとか…

f:id:Yuichibow:20220403171928j:image

 

ただ治安は必ずしも安定しているとはいえず、常に全米危険都市の25位前後に位置するシンシナティ。古びた建物がそのまま放置されているところも少なくなく……

f:id:Yuichibow:20220403161044j:image

コロナ禍前の失業率ですら10%を超えるなど、低所得層も多いシンシナティ

 

マーケットが閉まる頃から辺りの様子が急変したので、すぐさま路面電車に乗り込んで、

f:id:Yuichibow:20220403172003j:image

 

高層ビルが建ち並ぶダウンタウンへと舞い戻りました。
f:id:Yuichibow:20220403172025j:image

 

こちらは、ダウンタウン内の見どころのうちの1つ。
f:id:Yuichibow:20220403172049j:image

ファウンテイン・スクエア(Fountain Square)。

 

中西部を代表する銀行の1つ、フィフス・サード銀行(5/3rd Bank)の本店はシンシナティにあり、高く聳え立つビルに本社を置いています。
f:id:Yuichibow:20220403172129j:image

せっかくの旅ですので、

f:id:Yuichibow:20220403172150j:image

 

夜はちょっとゼイタク…
f:id:Yuichibow:20220403172212j:image

 

実は格式あるホテルにも宿泊していて、
f:id:Yuichibow:20220403172253j:image

ちょっとお金も使ってしまったので、
f:id:Yuichibow:20220403172323j:image

仕事も頑張らんといかん……

 

 

 

 

これから始まる5日勤務のフライトは、中身ギッシリ…頑張ってまいります…